県内企業情報

メーカー/食品・農林水産

中毛エリア前橋市

株式会社エバーグリーン富士見

(エバーグリーンフジミ)

所在地群馬県前橋市富士見町石井78-14地図

電話027-260-5070

FAX027-260-5077

URLhttps://egf.co.jp/

わが社を紹介します

農業を支える農業

皆さんは「農家」と聞くと、種を播いて、育てて、実を収穫するというイメージではありませんか?実は違うんです。近年の農家さんは種を播かず、当社のような育苗業者から苗を購入して野菜を育てます。つまり皆さんの食卓に並ぶ野菜作りの一端を担っているのです。
農業界には「苗半作」という言葉があります。苗を作り終えたら、半分その植物を育て終わったようなものだという意味で、植物にとって苗作りが非常に重要な工程であることを表しています。
畑に植えて、たくさん美味しい実を付けるためには、苗段階でしっかりとしたものを仕立てなければなりません。そんな苗を育てるには、繊細で丁寧な管理が必要です。難しい「育苗」ですが当社の充実した設備と経験に基づいた管理で、農家さんが安心して植えていただける野菜苗を作ることが我々の使命です。

私たちの仕事

受注→播種(種まき)→1次育苗→接ぎ木→2次育苗→出荷
苗が出来上がるまでにざっくりと上記のような工程があります。当社は完全受注生産にて苗を仕立てているため、お客様からご注文をいただいたものを責任もって仕立てるロスの少ない生産形態です。受注業務は生産事務が行っており、お客様からの受注情報を専用システムへ入力していきます。そして、苗の生産に携わる生産管理職は工程ごとに分業となっており、所属する部署の業務を中心に苗作りを行います。
下記が部署ごとの業務内容です。
・生産事務…お客様と連絡を取り合い、受注入力や生産の調整業務等
・播種…種まき作業、使用する種子の管理等
・1次育苗…「プラグ苗」と呼ばれる小さな苗の管理等
・接ぎ木…接ぎ木作業、人員管理等
 ※接ぎ木とは美味しい実のなる品種に、耐病性のある品種を繋ぎ合わせて苗を生産する技術
・2次育苗…ポット苗の出荷までの管理等
・出荷…出荷苗の箱詰め、荷積み対応等
上記のように分業制のため、各部署ともコミュニケーションをしっかりとることが、良い苗を作る秘訣です。

全国有数の農場設備

苗生産はビニールハウスの中で行っておりますが、このハウスは皆さんがよく目にするビニールハウスとは規模が桁違いです。軒高5m以上、端から端まで200m以上あるハウスが3棟稼働しています。最終的には4棟の稼働を想定しているため、まだまだ規模拡大予定です。
その中には苗生産を効率的にするための機械設備が多く導入されております。そのおかげで重たいものを持って運ぶ等の作業が少なく、体への負担が軽減されています。また、場内はコンクリート舗装と防草シートで覆われており、土にまみれて作業することもないので、農場というよりは、工場と呼んだ方がイメージに合うかもしれません。多く機械を導入しておりますが、手作業で行うものも接ぎ木をはじめ存在し、機械と上手く融合させて効率的な生産体制を実現しております。
全国でも珍しい大規模設備の中で農業ができるのも、当社の強みの一つです。

基本情報

会社名

株式会社エバーグリーン富士見(エバーグリーンフジミ)

代表者氏名

竹内 勝

所在地

〒371-0105 群馬県前橋市富士見町石井78-14  

創業・設立

平成19年4月18日

資本金

1,000万円

売上高(年商)

11億8千4百万円

従業員数

73名(正社員53名)

群馬県内事業所

取得認証・認定制度

群馬県いきいきGカンパニー《ベーシック認証》

Gターンシップ

参加していない

奨学金返還支援制度

なし

来年度の新卒採用

採用予定あり

公式サイト

https://egf.co.jp/

関連サイト
採用に関する
お問い合わせ

県内企業情報一覧に戻る

TOP